梅酒をつくろう

【材料と用意するもの】



青梅(できれば紀州南高梅)1kg ※写真は1kg
氷砂糖 500g〜1kg
ホワイトリカー 1.8リットル(市販の果実酒用でOK アルコール度数20度以上)
※ 写真には含まれていません
果実酒用の容器 4リットル容器(フタが密閉できるもの)
竹串 梅のヘタを取るもの

矢印
【容器の消毒】


細菌が入ると腐敗の原因に…前準備はしっかりと!
果実酒瓶は焼酎等を回し入れるか、熱湯で消毒。
焼酎を入れる場合
容器を振って全体に行き渡るようにまわし、中に残った焼酎は捨てます。
瓶を熱湯消毒の場合
瓶の破損を防ぐ為、まずはぬるま湯で十分に温めてから熱湯を回しかけます。
同時にフタの消毒もお忘れずに。
清潔なふきんの上に下向きに瓶を置き、日の当たる所で完全に乾かしてから使用してください。

矢印
【アク抜き】

アク抜き

青くて固い梅の場合(品種:古城等)はアク抜きが必要です。
水をたっぷり入れたボール等に梅を入れ、2〜4時間ほどアク抜きをします。
(南高梅を使う場合アク抜きは必要ありません) ※熟して黄色くなった完熟梅や冷凍した梅を使う場合は、水に浸けると傷みますのでアク抜きは必要ありません

矢印
【水洗い】

水洗い

流水で丁寧に水洗い。
洗剤やスポンジを使わずひとつひとつ手洗いしてください。
終わったあとはザルなどにあけて水気を切ります。
大きいキズのあるもの、傷んだものがあれば取り除いておきます。

矢印
【水分を拭き取る】

水分を拭き取る

ザルなどにあけて水気を切った梅を、清潔なふきんやキッチンタオルで水分をしっかり拭き取り、しばらく乾燥。 (カビを防ぐ為です!)

矢印
【ヘタ取り】

ヘタ取り

竹串などを使って梅のヘタ(ホシ)を取り除きます。
つまようじは折れやすいので、竹串がおすすめです。
ヘタを取らずに漬けるとエグ味がでることがありますので、きれいに取りましょう。

矢印
【容器に梅と氷砂糖を入れる】

氷砂糖と梅
竹串などを使って梅のヘタ(ホシ)を取り除きます。
つまようじは折れやすいので、竹串がおすすめです。
ヘタを取らずに漬けるとエグ味がでることがありますので、きれいに取りましょう。
矢印
【保存・飲み頃】

漬け込み
梅と氷砂糖を入れたら、ホワイトリカーを注ぎます。
※ ブランデーやウイスキー・ウォッカ等、アルコール度数が、35度以上でしたらOKです。
3ヶ月ぐらいであっさりとした梅酒が楽しめます。
梅酒は、熟成期間が長ければ長いほど深みが増すと言われています。
半年から1年が飲み頃となってきます。



■ 漬け上がるまで待てない! と言う時は、当店の梅酒をどうぞ!
熊野梅酒
本場紀州梅酒
にごり梅酒熊野かすみ

梅酒専門店 プラム Wowma!店


●営業時間 09:00〜17:00
ご注文・メールによるご質問等は24時間受け付けております。
●土日・祝日は基本的にお休みを頂いております。(弊社営業カレンダーをご確認下さい)
●可能な限りメールやサイトのチェックをしておりますが、お問い合わせ等のお返事が遅れることがございます。
何卒ご了承下さい。何かご不明な点・ご質問等ございましたら、どうぞお気軽にご連絡下さいませ!

【梅酒専門店プラム】
運営:プラム食品株式会社
●電話番号:0120-47-2895
●メールアドレス:info@tominosato.net
●〒649-2103 和歌山県西牟婁郡上富田町生馬1474-1