目次
押入れ収納術

押入れ収納術

広いスペースで、たっぷり収納できる押入れ。
たくさん収納できるからこそ、何をどう収納すればいいのか迷ってしまいますよね。
押入れを上手く使うコツと合わせて、押入れ収納で活躍するアイテムをご紹介します。

押入れ収納のポイント

「押入れ」の特徴
「押入れ」の特徴
押入れは、大まかに上段と下段に分けられています。
基本的には上段の上に天袋と呼ばれる最上段がセットになっていますが、 最近では天袋はついていない押入れも多いようです。
もし天袋が付いているようでしたら、収納場所が増えて便利な反面、高い場所で取り出しにくくはなるので、 日頃使わないけれど取っておきたいもので、比較的軽いものなどを収納しておきましょう。
上段下段で気をつける点
「出しやすさ」で上下を分ける
上段と下段では、上段の方がつかいやすい高さになっています。布団などの大きくて取り出しにくいものは、上段に入れておいた方が楽に出し入れできます。
まずは押入れにしまいたいものをグループ分けして、よく使うものや取り出しにくそうなものを上段、あまり使わないものやすぐ取り出せそうなものは下段に入れておくと便利です。 バラバラになりそうなものは、収納ケースなどを使ってまとめます。
押入れ収納の基本
広い奥行は「使用頻度」で分ける
押入れは奥行が広く、たくさんのものをしまうことができます。ですがその分、奥が深すぎて使いづらい部分もありますよね。
そこでポイントとなるのが、「奥と手前で使い分ける」ということ。手前に使用頻度の高いものを入れ、奥はあまり使わないものをしまいましょう。
引き出し式のケースや、キャスターの付いたラック・荷台を活用するのも手です。
扉に邪魔させない「左右分割」
また、幅も充分に広く作られているので、無駄をなくすために左右を使い分ける必要があります。
襖のある押入れは、左右どちらかに扉を開け閉めするので、物が中央にまたがってしまうと、出し入れがしにくくなります。 右側はよく使うものの収納場所、という感じに決めてみるのも良いかもしれません。

衣類収納

「衣類収納」に便利なアイテム

押し入れ用の収納ケースやハンガーなど、押入れに衣類をしまう時に便利なアイテムをご紹介!
奥行のある押入れで使うための工夫がされた収納アイテムたちです。

収納ケース

引き出し式とフタ式の使い分け
引き出し式とフタ式の使い分け
衣類収納といえば、収納ケースの出番です。
上段でも下段でも使える収納ケースですが、押入れは奥行があるので奥のものが取り出しにくいので、普段使いするものは「引き出し式ケース」にして上段に、衣替えなどでしばらく着なくなった衣服は「フタ式ケース」で下段にしまうと使いやすいです。
また、押入れの中の仕切りとして活用も出来ます。

おすすめシリーズ

押入れ収納ケースをもっと見る ▼

ハンガー

畳まず収納できるハンガー
畳まず収納できるハンガー
畳まずにしまいたい衣服のために、押入れの中にハンガーラックを設置!
衣服だけでなく、S字フックを利用してバッグなどの小物を収納したりも出来ます。
注意したいのは二段式ハンガー。一段のものより大量に衣服をかけられる点が魅力ですが、押入れの中では後ろにあるものを取るのが難しくなるので、あまり使わないものをかけるようにしましょう。
押入れハンガーをもっと見る ▼
布団収納

「布団収納」に便利なアイテム

かさばる布団をコンパクトにまとめる、布団収納袋・圧縮袋等をご紹介します。
ホコリを防いだり防虫効果も期待できるので、布団の収納に大活躍間違いナシ!
省スペースに欠かせない収納袋
省スペースに欠かせない収納袋
収納袋や圧縮袋を使用すれば、ちょっとした隙間に収納できて省スペースになります。
また、かさばる布団はどうしても取り出しにくくなるので、取出しが少しでも楽な上段に置くのをおすすめします。
湿気も上段の方がこもりにくいので、湿気の影響を受けやすい布団は出来るだけ上段にしまいたいところです。
あまり取り出さない布団で、どうしても下段に収納したい…という場合は、除湿シートすのこを使いましょう。

布団収納袋

布団収納袋をもっと見る ▼

布団圧縮袋

布団圧縮袋をもっと見る ▼

その他便利グッズ


おもちゃ・雑貨

「おもちゃ・雑貨」の収納に便利なアイテム

お子様のいるご家庭では、押入れにおもちゃをしまうこともあるのではないでしょうか。
そんなおもちゃから、日用品や雑貨などのこまごましたものをしまう時に便利なアイテムを紹介します。
しっかりまとめる収納を!
収納ケースで種類ごとにまとめる!
とにかく部屋を片付けたい!なんてときに、つい押入れに雑貨を乱雑に放り込んでしまうと、あとで探すのに苦労することになったりしますよね。やはりしっかりと整理して収納することが大事です。
収納ケースやバスケットなどを使用して、きちんと種類ごとでまとめていきましょう。
その他にも、収納ケースと壁の隙間につっぱり棚を使って棚を作ったり、ラックやワゴンで取り出しやすいようにしてみたり…色々便利なアイテムが活きてきます。
おもちゃは下段に
玩具はお子様が使いやすい下段に
大人であれば上段の高さがしまいやすくなっていますが、小さなお子様であれば下段の方が使いやすく自分でしまうことも出来るので、お子様が使用するおもちゃなどは下段に収納するのをおすすめします。
使われたくないものは手の届かない上段にしまうようにしましょう。
つっぱり棚をもっと見る ▼ 収納ケースをもっと見る ▼
家電

「家電」の収納に便利なアイテム

季節で出し入れするストーブや扇風機などの家電を、押入れにしまうことは多いかと思います。
重たい家電が出し入れが大変なので、そこを楽にする収納アイテムをご紹介!
出し入れしやすい工夫
キャスター付きの台で移動を楽に
季節ごとの入れ替えだけで、頻繁に出し入れするわけではない家電は、下段の奥に置くご家庭が多いのではないでしょうか。季節ごとにしか出し入れしないとは言え、重たい家電の出し入れは本当に一苦労。
なので、楽に出し入れ出来る工夫としてコロ付きの「収納台」をオススメします!引っ張り出せるので、奥にしまいこんでも取り出し楽チンです。
スペースを無駄にしない
収納棚でデッドスペース削減
また、様々な形の家電はそのまま収納するとデッドスペースが発生しがちです。
なので、収納棚などを組み合わせて、出来るだけ効率よく片付けましょう。
収納棚は、横幅や縦幅を調節できる伸縮式がオススメです。棚の下にあまり出さないもの、使用頻度の高いものは上に置くのがポイント!
押入れ収納棚をもっと見る ▼

コチラもおすすめ!関連特集

ページTOPへ戻る

戻る

ページトップ