ハワイアンジュエリーミリオンベル 名入れ刻印無料・最短当日発送・ハワイアン雑貨も豊富な品揃え
TOPページ   素材別アクセリーのお手入れ
ハワイアンジュエリーの
お手入れ
ハワイアンジュエリーは、カジュアルなデザインを手頃な価格で楽しめるシルバー925と、トラディショナルで
エレガントなデザインを楽しめる14kゴールドがあります。

定番人気のシルバーはもちろん、14kゴールドにはイエローやピンク、ホワイトなどがありますので、
その日の気分やファッションに合わせて、いろいろと使い分けてみるのはいかがでしょう。
そんな大活躍のハワイアンジュエリーを思いっきり楽しんだ後は、ちゃんとお手入れをしてあげましょう。
 シルバー925とは
ハワイアンジュエリーに限らずアクセサリーに使われているシルバーは、ほぼシルバー925で作られています。
この『925』とは銀の含有率(純度)のことで、92.5%が銀(シルバー)、残りの7.5%が割り金(銅などの金属)の意味になります。
純銀(100%の銀)では柔らか過ぎてアクセサリーには適さず、90%の銀だと硬過ぎて細かい細工などができないため、シルバー925(92.5%)がアクセサリーに多く使われる理由となります。
 14kゴールドとは
ゴールドのハワイアンジュエリーは14Kゴールドで作られています。
日本では18金(18k)や10金(10k)が一般的ですが、ハワイ(米国)では14金(14k)が一般的です。

ちなみに中国は24金(24k=純金)になります。
『14k』とは金の含有率(純度)のことで、24kが100%の金(純金)となりますので、数字が小さくなるにつれて金の純度が低くなります。

※ 最近、18kや10kで作られているハワイアンジュエリー(風)なものがありますが、これは日本で作られているアクセサリーになりますのでご注意下さい。
皆さんの大好きなハワイの産業と伝統、ハワイの職人さん達を守るためにも、ぜひ、ゴールドのハワイアンジュエリーは『Made in Hawaii』の14kのものでご検討下さい。

18k・14k・10kの違いについてはこちら >>
 シルバー925のお手入れ方法
シルバーアクセサリー【銀製品】が黒ずみや変色を起こすのは、硫黄分に反応して起きる【硫化】が原因となります。

硫黄というとまず温泉を思い浮かべますが、どこの空気中にもわずかですが硫黄分が存在します。
また人の皮脂に含まれるタンパク質の成分中にも硫黄分があります。

なので、『使わずに置いておいたアクセサリーを久々に着けようと思ったら真っ黒に変色していた』という話や、『使用していたら肌に触れている部分が変色した』という話はよく聞かれるかと思います。
そこで、シルバーアクセサリーの使用後のお手入れ方法や、使わない時の保管方法などポイントをご紹介致します。
《日頃のお手入れ方法》
◆使用後のお手入れ

使用後は柔らかい布で表面についた汚れを拭き取って下さい。
なお、汚れが激しい時や汗などが付着した時は、水やぬるま湯で汚れや汗を洗い流し、その後に柔らかい布を押し当てるようにして水分をよく拭き取って乾燥させて下さい。
※【注意】シルバー【銀】は水に浸けても全く問題はございませんが、水分に弱い別の素材の付いたシルバーアクセサリーは【から拭き】でお願いします。
◆保管方法
空気になるべく触れないよう、小さなビニール袋ジップロックなどに入れて、空気を抜いた状態にしておきましょう。ラップで包んでおいてもOKです。
硫黄分を含む物を近くに置かないよう気をつけましょう。ゴム・合成ゴム・パーマ液・洗剤などにも硫黄分を含む物があるためアクセサリーは単体で袋へ入れておくのがベストです。

これで日頃のお手入れは大丈夫ですね。
ところで「すでに変色や黒ずみをしてしまった」という方のために、家にあるもので簡単にキレイにできる方法をご紹介致します。
① 市販されているシルバー磨き布やシルバー磨き液で磨く。
【シルバー磨き布】(ホームセンターやアクセサリーショップ等で売っています。)

研磨剤を含ませてある専用布は、特に平面部分をキレイに磨きあげるのに便利です。
※【注意】キレイになってからも拭き続けていると、硫化している部分だけでなく削らなくてもいい銀まで削り取ってします。拭きすぎにご注意下さい。
シルバー磨き布のお手入れの詳細 >>
【シルバー磨き液】(ホームセンターやアクセサリーショップ等で売っています)
シルバー磨き布では磨き切れない凹凸部分や目の細かいチェーンなどのメンテナンスに便利です。
※【注意】異素材の付いたシルバーアクセサリーの場合は、液に浸けられない素材などもありますので、使用上の注意をよくご確認下さい。拭きすぎに要注意です。
シルバークリーナ液のお手入れの詳細 >>
② 重曹で磨く
1:重曹がペースト状になるまで水を加えて練り、アクセサリーに直接つけて指でこすります。
重曹+水で発生する炭酸が汚れを浮かします。
2:水やぬるま湯で洗い流します。
3:乾いた柔らかい布で水分を拭き取り乾燥させて下さい。
さらにシルバー磨き布で磨くと光沢が出ます。
重曹のお手入れの詳細 >>
③ 歯磨き粉で磨く
練り歯磨き粉には、界面活性剤や研磨剤の類が含まれているうえに、既にペースト状になっているため、そのままシルバーのお手入れにご使用頂けます。
1:練り歯磨きをアクセサリーに直接つけて、指でこすります。
目の細かい部分は歯ブラシなどを使ってもOKです。
2:水やぬるま湯で洗い流します。
3:乾いた柔らかい布で水分を拭き取り乾燥させて下さい。
さらにシルバー磨き布で磨くと光沢が出ます。
歯磨き粉のお手入れの詳細 >>
④ ネットなどで他の方法を検索
インターネットを使って検索していただければ、他にも色々な方法がありますのでご自分に合った方法を見つけてみて下さい。
当店にも『うっかり温泉に入ってしまった』『パーマをかけたら変色した』『着けていたら黒ずんだ(夏場に多いです)』などのご相談を頂きますが、シルバーアクセサリーはちゃんとお手入れをして頂ければ、長く輝き続ける貴金属であると共に、一生の宝物となります。
諦めずに愛着をもってお手入れをしてあげて下さい。
 14kゴールドのお手入れ方法
汚れや汗などが付着し、くすみ等が出る場合がございます。
そのような場合は身近にある中性洗剤などで軽く洗浄して頂いても問題はございませんが、市販されているゴールド専用の磨きクロスや磨き液をご使用頂くと便利です。

長くご使用されているとアクササリーの表面に細かい傷などができてくすんで見えることがございますが、そうした場合は専門点で磨き直しをして頂くことをおすすめ致します。
 コーティング製品のお手入れ方法
コーティングとはシルバー925の表面にロジウム、イエローゴールド、ピンクゴールドなどの薄い膜(メッキ)を施していることです。
コーティングをすることにより、シルバーを変色から守る役目を果たしています。
ハワイアンジュエリーにも最近コーティング施された商品が多くございます。
着用後は、水やぬるま湯で付着した汗や汚れを洗い落とし、柔らかい布などでよく水分を拭き取って下さい。

研磨剤を含んだシルバー磨きクロスやクリーナーで磨くと、コーティング部分に傷が付いたり、剥がれたりしますので決してご使用なさらないようにお願い致します。
 ゴールドフィルド(金張り)のお手入れ方法
上記のコーティングより、さらに厚く圧着されていますので色落ちなどはしませんが、研磨剤を含んだシルバー磨きクロスやクリーナーで磨くと、金張りの表面を削ってしまいますのでご使用はお控え下さい。
着用後は、水やぬるま湯で付着した汗や汚れを洗い落とし、柔らかい布などでよく水分を拭き取って下さい。
 コアウッドや革製品のお手入れ方法
水濡れや多湿高温での使用は変色、変形、カビの原因となります。
また、摩擦や長時間の放置などで色落ちや色移りをする場合がございますのでご注意下さい。
直接、紫外線のあたる場所は避け、風通しの良い場所に保管をお願い致します。
通販でネックレスなどハワイアンジュエリーをお探しでしたら、当店をぜひご利用下さい。
ネックレスや、リング、ピアスなど様々なハワイアンジュエリーを皆様にお届け致します。

クロスやハートのペアネックレスは、大切な方へのプレゼントにもおすすめです。
当店は刻印(名入れ)は無料で、誕生石(有料)もセッティングできますので、自分だけのオリジナルアクセサリーにすることも可能です。

モチーフの意味合いを考えながら、とっておきのお気に入りをお選び頂けます。
メール便、または5,500円(税込)以上のお買い物にて送料無料になりますので、ハワイアンジュエリーをお求めの際は当店をご利用下さい。

BRAND

ブランドリスト

FEATURE

特集

GUIDE

各種ガイド・サービスについて

COLUMN

コラム