メニュー
ソファー特集

ソファー特集

インテリアの中でも、一番と言っていいほど存在感があるソファー。
何年も長く付き合うものだからこそ、買ってから後悔することのないように
ポイントを押さえて、とっておきのソファーを選びましょう。

ソファー選びで押さえておきたい4つのポイント


人数から選ぶ

1人用

1人用ソファーをもっと見る

2人用

2人用ソファーをもっと見る

3人用

3人用ソファーをもっと見る

シーンから選ぶ

種類から選ぶ


お客様を迎える

いつでもお客様を迎えられる、きちんと感が大切

人を招く機会が多いなら、きちんと感があるアームレスト付きを。また、座る部分もフワフワしたリラックスできるものより、しっかりとした座り心地のものを選ぶのがオススメです。
家族や友人との会話が弾む

視線が交差して、自然と話しやすい雰囲気に

家族団らんでテレビを観ながら盛り上がったり、友人を招いて皆でワイワイおしゃべりしたり。
親しい人とはもちろん、オフィスシーンでも話しやすい雰囲気をつくれます。
リラックスしてうたた寝

ふわふわの座面で、つい眠ってしまう心地よさ

雑誌や漫画を読んだり、スマホをいじったりしながら いつの間にか寝てしまう…というあなたに。
ふわふわモコモコの座り心地で、横になればいつでも眠れる心地よさ。
大切な人とふたりで

そっと寄り添って、リラックスタイムを一緒に過ごせる

くつろぐと言うよりも、テレビやDVDを観ながら一緒に笑ったり、ドキドキしたいふたりに。
ふたりが座れば、自然と寄り添えるようなベストなサイズ感。
ひとりの時間を楽しむ

ゆったり深く腰掛けて、自分だけの贅沢なスペースを

例えば、淹れたてのコーヒーを片手に、買ったばかりの本を時間を忘れて黙々と読む…。
そんな誰にも邪魔されない贅沢な時間をつくるなら。
友人や兄弟が泊まりに来る

ソファーとベッド、1台2役!突然の宿泊にも困らない

一人暮らしをしていると、親しい友人がよく泊まりにくる。離れて暮らす家族が帰省する。
いざとなったらベッドに早変わりするソファーで、不意な来客にも慌てません。

種類から選ぶ

アームレスト付きソファー

アームレスト(肘掛け)は、木製のものは少しかしこまった印象で、来客があるお部屋にオススメです。
やわらかくて低いタイプのアームなら、枕の代わりになります。

コーナーソファー

その名の通り、部屋のコーナーに設置すれば 空間を広く使うことができるタイプです。
また、視線を逸らすのも合わせるものも楽なので、会話がしやすいというメリットもあります。

ソファーベッド

背もたれを倒すなどするとベッドとしても使えて、1台2役をこなす便利なソファーです。
部屋が狭い1人暮らしの学生さんや、単身赴任のお父さんにもオススメ。

ラブソファー

ふたりで座るとちょうどピッタリのサイズ感で、カップルや夫婦をはじめ、
小さなお子様がおられる方にもオススメです。ひとりで贅沢に使うのももちろんOK!

カウチソファー

コーナーソファーにも似た形で、脚を伸ばしてくつろげるのが最大のポイントです。
ものによっては脚を乗せる部分がオットマンになっていて、ソファーと別で使うこともできます。

ローソファー

脚がない分低くなり、圧迫感が少ないのでお部屋を広く見せることができます。
ローソファーの中でもより座面の高さが抑えられたものなら、コタツなどと合わせて使うこともできます。

アームレスソファー

肘掛けがないため、シンプルで開放感があり、圧迫感が少ないのが魅力です。
ソファーの幅が全て座るスペースになり、ごろ寝やあぐらをかいたりするのも余裕!

クッションソファー

モコモコした形で、ほぼ座椅子に近いソファーです。座面と床との距離が近いので、
小さなお子様がおられるご家庭でも安心です。軽量で移動しやすく、一人暮らしの方にもオススメ。

コチラもおすすめ!関連特集

ページTOPへ戻る

戻る

ページトップ