スコッチについてとおすすめ紹介

こちらの記事もおすすめです

ウイスキーとは

スコッチとは

スコットランド

「スコッチ」とは、日本で作られるウイスキーが「ジャパニーズウイスキー」と呼ばれるのと同じように、イギリス・スコットランドで作られたウイスキーを「スコッチ」と呼びます。

ウイスキーの全消費量の6割近くがここで造られています。

スコッチは、原料と製法の違いからモルトウイスキーとグレーンウイスキーにわけられます。

さらに製品としては、この2つを混ぜたブレンデッドウイスキーと、一つの蒸留所のモルトウイスキーのみをボトリングした、シングルモルトウイスキーがあります。

近年のシングルモルト人気に火をつけ、ブームを牽引しているスコッチのシングルモルトですが、生産量的にはブレンデッドウイスキーのほうがはるかに上回ります。

スコッチ6大産地

スコッチ6大産地マップ

スコットランドは大麦の産地であり、ウイスキーの熟成に最適な冷涼な風土、豊富なピートなど、ウイスキー造りに理想的な土地であることから、多種多様なスコッチが生産されています。

現在、スコットランド全土で稼働しているウイスキーの蒸留所は100ヶ所以上ともいわれています。

そのためスコッチは大きく6つのエリアにわけられます。

スペイサイド
ハイランド
アイラ
アイランズ
キャンベルタウン
ローランド

それぞれのエリア毎に特徴があり、味わいや風味が異なってきます。

名酒も多いスコッチの聖地【スペイサイド】

スペイサイドのウイスキー

ウイスキーの聖地ともいわれ、スペイ川沿いを中心に100ヶ所以上の蒸留所がひしめくスコットランド最大の生産地がスペイサイドエリアです。

このスペイサイドで造られるモルトを、スペイサイドモルトと呼びます。

エレガントで華やかな香りと、ほどよいボディ。若干甘味を帯びた、バランスが良く心地よい味わいが特徴です。

また、優れた名酒を多く輩出している地域としても有名です。

ザ・マッカラン、ザ・グレンリベット、グレンフィディックなどが生産されています。

スペイサイド
スペイサイドの詳細とおすすめのボトルはこちら

バラエティに富み上質なモルトが多い【ハイランド】

ハイランドのウイスキー

スコットランドの大部分を占めるハイランドエリアで造られるモルトを、ハイランドモルトと呼びます。

ハイランドは範囲が広く、蒸留所も多いため、東西南北でわけられることもあります。
(スペイサイドも、もともとはハイランドに含まれていました)

エリアが広いのもあり、これといった特徴でくくることができない部分もありますが、良い蒸留所がたくさんある地域です。

オールドプルトニー、クライヌリッシュ、アードモア、グレンタレット、オーバンなどが生産されています。

ハイランドモルト
ハイランドモルトの詳細とおすすめのボトルはこちら

強烈な個性が特徴【アイラ】

アイラのウイスキー

スコットランド南西部にある、アイラ島で作られるモルトを、アイラモルトと呼びます。

独特のスモーキーさ、ヨード香、ピート香など、個性が強いところが揃っています。

この独特の個性の強さの影響もあって、人により好き嫌いが分かれますが、根強いファンがいるのも特徴です。

現在、8つの蒸留所が稼働しています。(ポートエレンは操業停止中)

ラフロイグ、ボウモア、アードベッグなどが生産されています。

アイラモルト
アイラモルトの詳細とおすすめのボトルはこちら

潮っぽさは共通するものの島ごとに個性が異なる【アイランズ】

アイランズのウイスキー

スコットランド西部に分布するオークニー島、スカイ島、マル島、ジュラ島、アラン島の5つの島で作られるモルトを、アイランズモルト呼びます。

単に、島モノ、島モルトと呼ぶ場合もあります。

海に面した場所に蒸留所があることころが多く、潮っぽさや海藻の風味といった共通項はありますが、島単位どころか、蒸留所ごとに個性が異なります。

ハイランドに比べ、個性的なものが多いのが特徴です。

アランモルト、タリスカー、アイル・オブ・ジュラ、ハイランドパークなどが生産されています。

アイランズ
アイランズモルトの詳細とおすすめこちら

ウイスキーの奥に感じられる塩っぽさが特徴【キャンベルタウン】

キャンベルタウンのウイスキー

スコットランド西部に位置する半島の先にある、ごく狭い地域のキャンベルタウンで造られるモルトをキャンベルタウンモルトと呼びます。

1900年初頭には30ヶ所以上もの蒸留所がひしめき合っていましたが、アメリカの禁酒時代に安かろう悪かろうのウイスキーを量産&輸出したためか、禁酒法が解禁されてからキャンベルタウンのモルトは評判を落とし、蒸留所が激減。

そんななか、今も3ヶ所だけ残っています。

キャンベルタウンモルトは塩辛さが特徴で、なかでもスプリングバンクは地元イギリスで非常な人気を誇っています。

スプリングバンクなどが生産されています。

キャンベルタウン
キャンベルタウンモルトの詳細とおすすめのボトルはこちら

飲みやすくライトな【ローランド】

ローランドのウイスキー

エジンバラなどの都心部を擁するローランドエリアで造られるモルトを、ローランドモルトと呼びます。

ローランドも昔からウイスキーが造られていましたが、味や風味の点ではどうしてもハイランドに勝つことができませんでした。

そこでローランドの製造業者は、大きな資本が必要になる連続式蒸留機を導入を積極的に導入し、コーンなどを使ったグレーンウイスキーの製造をはじめます。

グレーンウイスキーそのものは没個性で単体で飲むのには不向きでしたが、のちにシングルモルトと混ぜることでブレンデッドウイスキーが誕生し、その飲みやすさから世界中で飲まれることになります。

ローランドのシングルモルトはスムースで飲みやすく、繊細でライトなのが特徴です。

オーヘントッシャンなどが生産されています。

ローランドモルト
ローランドモルトの詳細とおすすめこちら

おすすめのスコッチ

スコッチ全体の中でも特におすすめのシングルモルトとブレンデッドウイスキーをご紹介します。

なお、ウイスキー初心者の方は、ブレンデッドウイスキーから入ることをおすすめします。

おすすめのシングルモルト


【送料無料】グレンモーレンジ オリジナル 700ml シングルモルト スコッチ ウイスキー 40度 正規品 箱入

ライトな飲みくちのハイランドモルト。初心者でも飲みやすいシングルモルトです。

【送料無料】ザ・マッカラン 18年 700ml シングルモルト スコッチ ウイスキー 43度 正規品 箱付

スコッチの中でもトップクラスの人気を誇るスペイサイドの名酒。
なかなか入荷しませんが、一度は飲んでいただきたい1本です。

【送料無料】ラフロイグ 10年 700ml シングルモルト スコッチ ウイスキー 40度 並行輸入品 箱付

アイラモルトを代表するシングルモルトのひとつ。強烈なピート香が特徴。
好き嫌いがわかれるものの、熱烈なファンも多い1本です。

【送料無料】ハイランドパーク 12年 700ml シングルモルト スコッチ ウイスキー 40度 正規品 箱付

スコットランド最北の島で造られるシングルモルト。
スモーキーかつピーティーさにシェリー樽の風味が融合しています。

【送料無料】タリスカー 10年 700ml シングルモルト スコッチ ウイスキー 45.8度 正規品 箱付

島ものらしい胡椒のような独特のスパイシーさをもつシングルモルトです。

【送料無料】ボウモア 12年 700ml アイラ シングルモルト スコッチ ウイスキー 40度 並行輸入品

アイラの女王といわれ、アイラモルトの中でも中間的な味わいのシングルモルトでし。

【送料無料】ブルックラディ クラシック ラディ 700ml シングルモルト ウイスキー 50度 正規品

比較的新しい蒸留所であるにも関わらず、シングルモルトの第一人者が作る上質で飲みやすいアイラモルトです。

おすすめのブレンデッドウイスキー


【送料無料】バランタイン 17年 750ml スコッチ ブレンデッド ウイスキー 40度 並行輸入品

「ザ・スコッチ」と称えられる逸品。
バランスの取れた深く気品のある香りが最大の特徴です。

【送料無料】シーバスリーガル 12年 700ml ウイスキー ブレンデッド スコッチ 40度 正規品 箱付

スペイサイドモルトをキーモルトに、隠し味にアイラモルトがブレンドされています。華やかさが特徴です。

【送料無料】ロイヤルサルート 21年 青 700ml ブレンデッド スコッチ ウイスキー 40度 並行輸入品 箱入

現英国女王エリザベス2世の戴冠式を記念して造られたプレミアムなブレンデッドウイスキーです。
高級品として人気です。

別の国のウイスキーを知りたい方はこちら

おすすめジャパニーズ
おすすめアイリッシュ
おすすめアメリカン
おすすめカナディアン

※商品には一部入手しにくいものもあり、在庫切れになっているものもございます。

在庫切れ商品に関しては、入荷したときにメルマガにてご案内しておりますので、メルマガのご購読をおすすめします。

メルマガの登録はこちら

Copyright © 榎商店 All Rights Reserved.