目次
キッチンのシンク下収納特集

キッチンのシンク下収納特集

キッチンのシンクの下って、ゴチャつきがちですよね。
調理の時に必要な道具や、お掃除の道具をまとめておきたい。袋や調味料のストックも…。
そんな手軽で身近な収納場所を、使いやすくスッキリ整えるアイテムをご紹介します。

シンク下のタイプから収納アイテムを探す

ご自宅のキッチンシンク下は、引き出しタイプでしょうか? それとも、観音開きの扉タイプ?
収納スペースの使い方は、「開け方」一つで大きく変わります。まずはキッチンの形から、使いやすいアイテムを確認してみましょう!

引き出しタイプのシンク下の収納のコツ

引き出しタイプの収納のコツ
「立てて収納」する
引き出しは奥にしまったものまでよく見えますが、深くて下が見えない、ということもあります。引き出しタイプの場合は、真上から見てわかる収納にしてみましょう。収納ケースや仕切りを使って「立てて収納」すると、見やすく、取り出しやすくなります。

引き出しタイプのシンク下のおすすめ収納用品

観音開きタイプのシンク下の収納のコツ

観音開きタイプの収納のコツ
利き手で考える
扉タイプの場合は、自分にとって取り出しやすい扉の方によく使うものを置いてみましょう。利き手が右手なら、右側によく使う調味料や調理道具があるととても便利です。
利き手と反対側に掃除道具やゴミ袋などのストック用にまとめると、より使いやすくなります。

観音開きタイプのシンク下のおすすめ収納用品


収納場所から収納アイテムを探す

使う場所の近くに使うものをしまうと、家事の途中であっちこっち歩き回らずに済みます。調味料やフライパン、鍋のフタなどはコンロの近く、水を切るザルや水を入れてから使うヤカンなどはシンクの近くに置くと、取り出して使うまでの導線が短くなります。

調理台下におすすめの収納用品

調理の時に必要になるものを置きましょう。
浅い引き出しがある場合は、カトラリーやキッチンツールを入れるのにちょうど良く、計量スプーンや菜箸、ふきんなどの収納に便利。調理台の下にも扉や深い引き出しがある場合は、調味料などのストックや計量器具、泡だて器やフライ返しなどの大きめのキッチンツールを収納するのも○。
コンロやシンクまでの距離を考えて、普段の動作で使いやすいものを収納しましょう。

コンロ下におすすめの収納用品

コンロの下には、火を使った調理の時に必要になるものを置きましょう。
フライパンや鍋フタといった調理器具や、油やみりんなどの調味料類がメインです。油こし器などの調理後の処理アイテムを置いても後始末がスムーズになります。

片付けたいものから収納アイテムを探す

使いやすいものは使いやすい場所に収納しているけど、収まりが悪くて…という時に便利な整頓アイテムもあります。収納の仕方で困っているものは何ですか?

フライパンやお鍋の収納におすすめ

1つ1つが重かったり深さがあったり、複数を積み重ねると取り出しにくくなる鍋やフライパン。少し空間を使ってでも、仕切りで分けてあげることで格段に使いやすくなり、調理前のストレスが軽減されますよ!
立てて収納できるフライパンは、サイズによってはA4サイズのファイルトレーなどでも代用できます。立てて収納のできない両手鍋やヤカンなどは、ラックを使って上下の空間を分けてあげましょう。

調味料の収納におすすめ

調味料の収納は、シンク下では湿気が多くてあまり向きません。湿気の対策として、珪藻土スプーンやブロックなどを一緒に入れておくと、シンク下の収納も活用できます。天然素材の珪藻土は、直接食品に触れても問題ないので、シンク下に置いておくだけでなく、保存容器の中に入れても大丈夫です。

カトラリーやキッチンツールの収納におすすめ

カトラリーやキッチンツールは、サイズや使う頻度、使う場所などで分けて収納するのがおすすめです。
仕切りケースを利用することで、転がったり倒れたり、重なって取り出しにくくなったりすることを避けられます。

ゴミ袋の収納におすすめ

自治体の指定ゴミ袋やポリ袋、保存袋など、キッチンでストックしている「袋」は意外と多いもの。そんな袋をスマートに収納し、かつ取り出しやすくできるアイテムも色々あります。

シンク下、シンク周りで使える便利アイテム

これまでに紹介したアイテム以外にも、シンク周りで便利な収納用品はたくさんあります!
フックやキッチンペーパーハンガー、補助台、ゴミ箱など、「あったらいいな」なアイテムもぜひご確認ください。

おすすめの関連特集

おすすめの特集一覧はコチラ

ページTOPへ戻る

戻る

ページトップ